2017年6月10日土曜日

ロシアの脅威を煽る人々

情報機関や軍産複合体など支配階級のエリートがロシアを米国の敵に仕立て上げたがるのは、十分理解できる。理解できないのは、普通の米国民がそれに引っかかることだ。一般国民がそんな話をうのみにしても損をするばかりで、何の得もない。

国民が信じ込まされたのは、ロシアが大統領選に介入してトランプ候補に加勢したという話だ。しかしその主張には証拠がない。しかもうさんくさい。ロシアは悪魔のようにずる賢いはずなのに、犯行現場の至る所に電子指紋を残しているという。

トランプ陣営は選挙期間中にロシアと協議していたといわれる。軍縮に向けた協議であれば、文武の官僚や受注業者には打撃となりうる。しかし、かりにトランプが軍縮を汚職の種にしようとしていたとしても、米国民と世界にとってはいい話だ。

Sheldon Richman, TGIF: Let’s All Calm Down about Russia (2017.6.9, libertarianinstitute.org)

0 件のコメント:

コメントを投稿