2015年4月7日火曜日

ピケティが解説、中国が「新常態」に突き進む必然

欧州委が繰延税金資産で調査検討、南欧4カ国の銀行対象
かつて日本の金融危機に拍車をかけた繰延税金資産問題。欧州で新たな火種になる恐れがあります。

中国軍艦、イエメンから日本人らの脱出支援
ああ中国と日本が軍事同盟を結んでいてよかった。そうでなければ助けてもらえるはずないですからね!

TPP合意なければ米国の影響力・地域の安定にリスク=国防長官
政治的に対立する国とも自由に貿易するのが真の自由貿易です。TPPがそれとは別のものであるのは明らかです。

ピケティが解説、中国が「新常態」に突き進む必然
経済が発展するほど格差が拡大するということは、裏を返せば、格差があっても経済は発展するということですね。いやもしかすると、経済発展に格差は必要ということかもしれません。

安倍官邸への不信を隠さなくなった黒田日銀総裁。 財政健全化と異次元緩和めぐるジレンマの出口とは
黒田総裁が懸念する財政リスク。しかし日銀自身が事実上の国債引受にいそしんでいるようでは、政治家に規律を求めるのは無理でしょう。

エドワード・スノーデン氏「政府はあなたの(ピー)写真をゲットできます。説明しましょう」
ビッグブラザーはあなたを見ている。ディストピア小説が現実になった21世紀。

昨今のベンチャー投資ブーム、ピッカーはどう考えた?
異次元緩和でマネーが株式市場に流れ、今はバブルである可能性大です。しかし起業家はライバルが上場して資金力で優位に立つ以上、自分も同じ道を選ばざるをえない。誰かが責められるべきだとすれば、起業家ではなく政府です。

スタバの税慣行、欧州当局の調査の的に
もしあなたが暴漢から追われたら、どんな手を使っても必死で逃げようとするでしょう。そしてそれを誰も責めないでしょう。ところが企業が税から逃げると、なぜか無条件に逃げるほうが悪いという話になるのです。

シャオミ、新製品5機種を発表。怒涛の勢いで周囲を圧倒
政治家や右の人たちは反中を叫んでいればいい。国境を超え、平和のうちに満足を与え合う資本主義のすばらしさ。

教科書検定 領土に関する記述は2倍以上に増加
「我が国固有の領土」と記述するのならば、「固有の領土」という言葉が国際法上意味のない、政治的な表現にすぎないことも書くべきでしょう。政府公認の教科書では無理でしょうけれど。

0 件のコメント:

コメントを投稿