2016年6月27日月曜日

〔翻訳〕国家を立ち去る方法



*ボーダーズ&タッカー『国家を立ち去る99の方法』(99 Ways to Leave Leviathan)より抜粋。

海上居住(Seasteading)。Blueseed.com は早くから取り組むベンチャー企業。 Seasteading.org もオランダの企業と組み海上居住のモジュールを設計。政府が課税・規制を強めるほど、海上に住み働くことは現実味を増す。

新型タバコ(Alternative nicotine delivery)。手巻きタバコの復活、無煙タバコ、電子タバコなどがブームに。健康への配慮と重税への対応。嫌煙家の多くは歓迎するものの、対タバコ戦争を受け持つ官僚は苦い顔。

物々交換(barter markets)、あるいはサービスの交換。互いの製品を販促し合うなど。お金のやり取りがなければ、政府とのあらゆる面倒を避けることができる。税務署に対する自然な対応。

租税回避(Tax sheltering)。たとえばアップルの租税回避の仕組みは多国籍にまたがる複雑きわまるもので、とても追跡できない。その結果、資本が増え、アイフォンの魅力を高めた。政治家は不満だが、消費者は喝采。

企業の国外移転(Offshoring and inshoring)。米国企業は世界一高い法人税(州税を含む)を避けようと、海外に生産拠点を移転。外国企業は高い税やカルテル化された労組を避けるため、米国に移転。

0 件のコメント:

コメントを投稿