2017年2月23日木曜日

〔翻訳〕格差問題、4つの問い

Steven Horwitz, 4 Questions to Ask When Debating Inequality(不平等問題を論じる際にするべき4つの問い)より抜粋。

各種データによれば、所得格差拡大(rising income inequality)の議論はその多くが誤りか誇張、あるいは反証を無視している。しかしここでは、格差議論の際に問うべき4つの質問を取り上げたい。

(1) 議論の対象は格差か貧困か。もし貧困ならば、証拠は圧倒的だ。世界中でも米国内でも、このおよそ25年間で絶対的貧困(absolute poverty)は劇的に減少している。

(2) 問題の格差は所得か、財産か、消費か。財産(wealth)は資産と負債の差。ストックだ。所得(income)は特定の期間における財産の変化。フローだ。財産は多いが所得は少ない場合も、その逆もある。消費の格差は所得や財産ほど大きくない。

(3) 所得の移動(income mobility)はどうか。ある年に貧しい人の所得が何年後かにどの程度増えるかは、経済学者の間で議論がある。しかし間違いなく、所得の変化は存在する。所得移動の程度に関する議論抜きに、格差を論じることはできない。

(4) 格差がもたらす問題は正確には何か。もし貧困が減っていて貧困を抜け出すチャンスがそこそこあるなら、格差拡大の何が具体的に問題なのか。大金持ちと政治の癒着は縁故主義(cronyism)や再分配政策の問題で、格差自体が原因ではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿