2016年1月3日日曜日

真実が反逆罪となるとき(ロン・ポール)

建国の父たちがめざしたアメリカは、けっして市民が稼ぎの半分近くを政府に支払うような国ではなかった。(米元下院議員、ロン・ポール)
https://www.goodreads.com/quotes/23363-one-thing-is-clear-the-founding-fathers-never-intended-a

アメリカ建国の父たちがめざした自由な社会では、学校が説明責任を負うのは親に対してである。政府の官僚に対してではない。(ロン・ポール)
https://www.goodreads.com/quotes/23375-under-the-united-states-constitution-the-federal-government-has-no

嘘の帝国では、真実は反逆罪である。(ロン・ポール)
https://www.goodreads.com/quotes/70367-truth-is-treason-in-the-empire-of-lies

自由を特徴づけるのは安全ではない。市民が政府の介入なしに生きられるかどうかである。……全体主義の社会だけが、完璧な安全を価値ある理念として主張するだろう。市民を完全に支配することを求めるからである。(ロン・ポール)
https://www.goodreads.com/quotes/54421-freedom-is-not-defined-by-safety-freedom-is-defined-by

0 件のコメント:

コメントを投稿