2016年8月30日火曜日

〔翻訳〕君は資本主義者だ

*Brittany Hunter, Millennials Love Free Markets, But Don't Understand Them(「ミレニアル世代は自由な市場を愛するが、理解していない」)より抜粋。

最近の調査によれば、米国のミレニアル世代は社会主義の政府(socialist government)と資本主義の経済を同時に好む。なぜこんなことが可能なのか。答えは簡単。彼らはこれらの言葉の意味を本当には理解していないからだ。特に資本主義について。

熱狂的な社会主義者(enthusiastic socialist)は、資本主義の不正についてアイフォンでツイートする。これこそミレニアル世代が自由な市場を愛する良い見本だ。…彼らは待つのが嫌いだ。自称社会主義者が社会主義国で暮らしたら、長くは続くまい。

現在のハイテク世界(technological world)が実現したのは、自由市場が社会主義に勝利したからだ。しかしミレニアル世代は歴史を知らず、自由な市場が繁栄する社会に生きることがどれだけ幸運か理解していない。

問題はミレニアル世代に社会主義者が多すぎることではない。自分は資本主義者(capitalists)だと理解していない者が多すぎる。それが問題なのだ。

もしミレニアル世代が本当に社会主義の理想に身を捧げたいのなら、アイフォン、アマゾン、ウーバー、クラフトビール、ヒップスター風のひげアクセサリー(hipster beard accessories)、その他日常生活のほとんどすべてを諦めなければならないだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿