2016年4月16日土曜日

保守とリベラルは同類

# 保守の安倍政権がリベラルのクルーグマン教授の政策提言を歓迎? どうして?…と混乱しているあなた。それはどちらも国家主義者だからです。右と左は同じ穴のムジナ。
--本当に“リベラル”な経済政策とは?――消費増税の議論から考える
http://synodos.jp/economy/16792

# 取られる額に見合うか怪しい「公共サービス」なんかより、税金が安くなり、ごまかしのきかない肉や魚などの特典をもらえるほうがいい。みんなよくわかっています。
--控えめ返礼品あだに…ふるさと納税赤字、地方自治体でも
http://www.asahi.com/articles/ASJ44635LJ44ULFA035.html

# 年金の賦課方式に正しい批判。一方で完全な自由放任は否定。老後の備えを十分に準備できないか、備えない人が多く出てくるからと。もしそれが悲しむべきことだとしても、その救済が政府に適した仕事とはいえません。
--世代間格差を助長する現行の年金制度 最善の改革案は個人勘定積立方式である
http://diamond.jp/articles/-/89587

# 本当に警戒すべき政治家とは、教育にカネは出さないとにべもない人物ではなく、出してあげると笑顔で話しかけてくる人物です。
--「進学しても女の子はキャバクラへ」自民・赤枝氏発言
http://www.asahi.com/articles/ASJ4D6DSWJ4DUTFL00T.html

# 広島・長崎への原爆投下を東京やドレスデンの大空襲と比較したとき、外交官の世界では⑴以外の答えがありうるとは驚き。
 ⑴どちらも非人道的
 ⑵原爆は非人道的だが空襲は人道的
 ⑶どちらも人道的
--なぜG7は「核廃絶宣言」に踏み込めないのか
http://toyokeizai.net/articles/-/113657

0 件のコメント:

コメントを投稿