2016年2月20日土曜日

〔翻訳〕マイナス金利が失敗する理由

エコノミスト、フランク・ホレンベック(Frank Hollenbeck)による2016年の記事「マイナス金利が失敗する理由」(Why Negative Interest Rates Will Fail)より。

<解説>

マイナス金利とは要するに、貯蓄を罰し、半強制的にカネを浪費させようとする政策である。浪費は短期で景気をよくすることはできても、貯蓄・投資の不足を招き、長期の繁栄をむしろ阻害する。ともあれ、勤勉・倹約の精神に反するこのような政策を推し進める政権に、「美しい日本」の伝統を本気で守る気がないのは明らかである。

<抜粋>

ことわざにあるとおり、馬を水際に連れていくことはできても、飲ませることはできない。銀行は世界不況で信用できる貸付先がなく、以前の融資を回収するにも苦労している。
Yet, there is an old adage: you can bring a horse to water but you cannot make him drink! With the world economy sinking into recession, few banks have credit-worthy customers and many banks are having difficulties collecting on existing loans.

経済理論からは、マイナス金利は不可能である。1年後に1,000ドルをもらうために1,005ドルの国債を買う人がいるだろうか。タンス預金なら1,005ドルは1年後も1,005ドルのままなのに。
But, economic theory presupposes that negative rates are an impossibility. After all, why would you buy a one-year treasury bill for $1,005 that will get you $1,000 in a year, when you can stuff your mattress with the $1,005 and still have $1,005 in a year?

もし1,005ドルの国債を買って、満期になる前に中央銀行に1,005ドル以上で売却するつもりなら、理解できる。今の世界では、中央銀行は損を覚悟で無制限に国債を買うものと期待されている。つまりただの国債引受である。
It makes sense to purchase a bill for $1,005 if you intend to sell it before it matures to the central bank for more than $1,005. In today’s world, the central bank is often ultimately expected to purchase the bill and lose money on it. It’s just another type of debt monetization.

お金は普通の商品ではないから、量を増やしても解決にはならない。お金の役割は、現在と未来の供給と需要を調整することにある。…マイナス金利は需給のアンバランスを大きくするだけである。
That is, money isn’t just some commodity that can solve our problems if we just create more of it. Money serves a key function of coordinating output with demand across time...Negative rates will only ensure an ever greater misalignment between output and demand.

日本と同様、低金利・マイナス金利政策をとる国々は、それをやめない限り、何十年も低成長のままだろう。不況の原因は需要不足ではない。供給と需要のアンバランスである。
As with Japan, Western economies that pursue a long-term policy of low or negative interest rates can expect decades of low growth unless these “unorthodox” monetary policies are rapidly abandoned. Recessions are not a problem of insufficient demand. They are a problem of supply being misaligned with demand.

最善の金融政策とは、金融政策そのものの廃止である。世界経済が自然に回復できるように、中央銀行の総裁たちは長期休暇をとってもらいたい。
The best monetary policy, however, is no monetary policy at all, and central bankers should take an extended holiday so that the world economy can finally heal itself.

原文:https://mises.org/library/why-negative-interest-rates-will-fail

ツイッターに加筆・修正し転載。

0 件のコメント:

コメントを投稿