2016年2月21日日曜日

〔翻訳〕自由貿易は戦争を防げるか

エコノミスト、リチャード・エベリング(Richard M. Ebeling)による2002年の文章「自由貿易は本当に戦争を防げるか」(Can Free Trade Really Prevent War?)より。

<解説>

自由貿易は商業や文化の領域で国際的な相互依存を促し、軍事的な対立に歯止めをかける。しかし結局のところ、暴力による強制よりも平和で自発的な協力を尊ぶ精神が人々の間になければ、戦争は防げない。政府による経済規制は、戦争ほど露骨ではないものの、その本質は暴力による強制である。規制を当然と考える精神で、戦争を防ぐことはできない。

<抜粋>

19 世紀は戦争や国際紛争のない世紀ではなかった。しかしそれ以前、またとりわけ20世紀に比べれば、1815年のナポレオン戦争終結から1914年の第一次世界大戦勃発までの百年間は平和で、「戦争のルール」を作る国家間の試みが盛んだった。
The nineteenth century was not without war and international conflict. But in comparison to earlier centuries, and certainly in comparison to the twentieth century, the hundred years between the defeat of Napoleon in 1815 and the opening shots of the First World War in 1914 was a period of relative peace and international attempts to devise "rules of warfare."

国際貿易によって商業、文化、通信における相互依存のネットワークを築き、戦争をなくすか、せめてもっと「文明的」にしようという希望は、1914年の第一次世界大戦勃発で打ち砕かれた。
All of the treaties and agreements and all of the hopes that international trade would establish a web of mutual interdependency in the areas of commerce, culture, and communication, which would make war impossible or at least more "civilized," died on the battlefields of Europe in 1914.

20世紀の戦争や大量虐殺を自由貿易のせいにすることはできない。20世紀は19世紀に築かれた古典的自由主義の理念と理想に対する反逆の百年だった。…第二次大戦後の世界経済体制がめざしたのは管理貿易で、自由貿易ではなかった。
None of the wars, conflicts, and mass murders of the twentieth century can be blamed on free trade or explained in terms of free trade. The entire last one hundred years was a revolt against the ideas and ideals of the Classical Liberals of the nineteenth century.

20世紀に国家の経済介入や計画経済の考えが広がったのは、政府が国際貿易を監視・管理しないと、国内政策の目的を妨げるからである。
The interventionist and planning ideas during the last one hundred years meant that trade among nations could not be left outside of government oversight and control, lest the directions and patterns of international trade undermine and frustrate the goals and purposes of national governments in their domestic affairs.

自由貿易は20世紀に戦争を防げなかった。第一次大戦の勃発までには人々がもはや自由の理念をほとんど信じなくなっていたからである。経済の自由の精神は1860-70年代に絶頂に達し、そこから自由に対する反革命が始まった。
Free trade was unable to prevent war in the twentieth century because by 1914, very few people believed any longer in the idea of liberty.6 The spirit of economic freedom reached its zenith in the 1860s and 1870s. From then on a counterrevolution began against freedom.

自由貿易は、人々がもはや平和を信じないときには、戦争を防ぐことはできない。自由貿易の前提は、人間の関係は強制によらず互いの合意に基づかなければならないとする考えである。
Free trade cannot prevent war when men no longer believe in peace. Free trade is premised on the idea that human relationships should be voluntary and based on mutual consent.

アダム・スミスの言う「公衆の偏見」(経済学に対する一般市民の無知)と「私的利害関係者」(国家権力を利用して他人の財産を奪う人々)に打ち勝たない限り、自由貿易で将来の戦争を防ぐことはできない。
We must continue to fight and hopefully prevail through reason and argument against what Adam Smith referred to in 1776 as the "prejudices of the public" (the economic ignorance of our fellow men) and the opposition of the "private interests" (those who wish to use the power of the state to plunder others in society).14 Until we do, free trade will not replace and then help to prevent future wars.

原文:https://mises.org/library/can-free-trade-really-prevent-war

ツイッターに加筆・修正し転載。

0 件のコメント:

コメントを投稿