2015年2月11日水曜日

EU解体か超政府か

デヴィッド・ストックマン(David Stockman, 米元政治家・評論家
――ギリシャと欧州連合(EU)について。(2015年)
ギリシャ急進左派連合(SYRIZA)の言い分は正しい。すなわち、同国の困窮した国民は、ギリシャ国債を買ったドイツ銀行などの銀行家や投機家に借金を負ういわれはない。国債は旧政権が軽はずみにも発行し、銀行などのトレーダーやファンドマネジャーが愚かにも買い入れたものである。ドイツ政府がこれらの負債を自国の納税者に移し替えたのはドイツ自身の問題であり、ギリシャの問題ではない。〔略〕 
ドイツの選択肢は、ギリシャにユーロ圏を脱退させ、EUという救済国家全体を解体し、国家主義の愚行に対するツケを払う以外にない。 
さもなければ、ブリュッセル〔EU本部〕とフランクフルト〔欧州中央銀行〕に権力絶大な超政府を誕生させるかである。欧州に残る民主政治と資本主義の繁栄は間違いなく消え失せるだろう。 
超政府を選択すれば、ドイツ国民は永久に他国民の借金を背負わされることにもなる。
# 借金を踏み倒すギリシャはけしからん、という論調が目立つけれども、貸した側の「自己責任」も問われなければならない。EUが解体すれば、ギリシャを含む放漫財政の国々はもはやドイツに頼ることはできず、自力で経済を再建しなければならない。そのほうが欧州の将来は明るいだろう。ただし超政府という最悪の選択も否定できない。(木村)
So Syriza is right to say that the devastated citizens of Greece do not owe Deutsche Bank and the rest of the bankers and punters a dime for the Greek bonds that their earlier governments imprudently issued and which the traders and managers of these institutions foolishly bought. The fact that German government caused these debts to be transferred to their own taxpayers is Berlin’s problem, not Athens’.... 
In short, Germany has no choice except to let Greece go and to allow the entire EU bailout state to unravel, and then to pay the piper for its statist follies. 
The alternative is an all-powerful superstate in Brussels and Frankfurt that will necessarily extinguish whatever remains of political democracy and capitalist prosperity in Europe. 
The latter would also permanently bury German taxpayers in other people’s debt. 
出所:davidstockmanscontracorner.com

0 件のコメント:

コメントを投稿