2016年12月18日日曜日

〔翻訳〕医療費高騰は政府の失敗

Dale Steinreich, Has "Market Failure" Caused High Health-Care Prices?(「市場の失敗」で医療費は高騰したのか)より抜粋。

「医療の購入優先順位(purchase priority)は食料、住居に次いで高いから医療費は高くなる」という説に根拠はない。衣服や交通手段がなければ病院に行けないから、それらの優先順位は医療より高い。それでも衣服や交通手段の値段は医療ほど高くならない。

医療業界には市場の作用(market processes)がない。新製品が出ても市場競争にさらされないので、新薬や新型機器は途方もなく高い値段で売られ、保険会社は値切りもせず支払う。当然、コストは高騰する。

問題の根本は政府に保護された大手製薬会社(Big Pharma)と、政府が強制する医療保険だ。医療の官製「市場」には規制のため競争がほとんどないので、もっと自由な市場のある産業と違い、技術が進歩しても値段が下がらない。

医療産業は規制強化の結果、民間企業としては事実上存在しない。医師会(American Medical Association)のように、特別な利害関係の上に成り立っている。

医療政策立案やコンサルタントなどの周辺産業も同様だ。誰も読まない長い論文を発行し、高級ホテルやリゾート地で延々とシンポジウムを開き、増加する問題への「解決法」(solutions)を書いて高額の報酬を得る。問題の原因は官民癒着自体なのに。

0 件のコメント:

コメントを投稿