2016年3月22日火曜日

〔翻訳〕『ミーゼス、貨幣とインフレーションを語る』


最悪の革命

ベッティーナ・ビエン・グリーヴス編『ミーゼス、貨幣とインフレーションを語る』(Ludwig von Mises on Money and Inflation)より。経済学者ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスが1960年代に行った講義をまとめ、2010年に刊行。

昔から権力者の懐が寂しくなると、必ず頼る手段がある。カネづくりである。金貨ならば、金の含有量を減らす。金を裏付けとする兌換紙幣ならば、裏付けになる金を減らす。何の裏付けもない不換紙幣ならば、何はばかることなく刷りまくる。「豊かな社会にする」「安心できる社会にする」という大義名分を掲げて。

しかし社会を物質的に豊かにするのは、カネではない。衣食住をはじめとする物である。カネの量を増やしても、物の量を増やさなければ、物の値段が上がるだけである。これでは社会は豊かにならない。

そればかりではない。政府の操作で物価が上がる(カネの価値が下がる)と、人々が蓄えた貯蓄の価値が損なわれる。安心できる社会になるどころか、人々を不安に追いやる。勤勉・倹約の精神が破壊される。ミーゼスはこれを「すさまじい革命」と呼ぶ。最悪の革命はテロリストや過激派によって起こされるのではない。政府のインフレ政策によって日々推し進められているのである。

<抜粋>
お金の量を増やすと、増やした集団、人々、社会、王、皇帝は、とりあえずその場をしのぐことができる。
"The first rule, or the only rule which we have to teach to everybody in explaining the problems of money is that an increase in the quantity of money brings about for the group, for the people, for the society, for the king, for the emperor who does it, a temporary improvement of the situation."

お金の量を増やしても、お金で買える物の量を増やさなければ、物の値段が上がるだけである。
"And if you are increasing the quantity of money, and you are not increasing the quantity of things which can be bought with money, you are only increasing the prices which are paid for them."

税収が足りないけれど国民が嫌がるので増税はしたくない。そんなとき、多くの政府はこう言う。「紙幣を少し増やしましょう。たくさんではありません。ほんの少しですよ」
"Unfortunately we are living in a period in which many governments say, if we don’t have enough money for something and if we don’t want to tax people because the people don’t want to pay taxes for this purpose, then let us add a little bit, a little bit of paper money, not very much, just a little bit, you know."

通貨量の増大は、あらゆる段階で規制しなければならない。
"We have to realize that the increase in the quantity of money, the increase of those things which have the power to be used for monetary purposes, must be restricted at every point."

すさまじい革命を起こしたければ、大衆が預金や生命保険などの形で保有する貯蓄を破壊する以上に、よい手段はない。
"There is no better way to bring about a tremendous revolution than to destroy the savings of the masses which are invested in savings deposits, insurance policies, and so on."

通貨の破局は、通貨制度の完全な崩壊であるとは限らない。
"If you talk about a catastrophe of the money, you need not always have in mind a total breakdown of the currency system."

大幅なインフレと小幅なインフレの違いを誇張してはならない。小幅なインフレは、大幅なインフレと同じく、悪い影響をもたらす。
"But one should not exaggerate the difference in the effects brought about by the greater inflations as against the smaller inflations. The effects of the “smaller inflations” are also bad."

お金は市場経済において最も重要な要素である。お金を生み出したのは市場経済であり、政府ではない。
"Money is the most important factor in a market economy. Money was created by the market economy, not by the government."

政府がお金を破壊すれば、市場経済のきわめて重要な要素を破壊するだけでなく、人々が投資やもしもの備えとして蓄えた貯蓄を破壊する。つまり市場経済そのものを破壊することになる。
"If the government destroys the money, it not only destroys something of extreme importance for the system, the savings people have set aside to invest and to take care of themselves in some emergency; it also destroys the very system itself."

原著:Ludwig von Mises on Money and Inflation.

0 件のコメント:

コメントを投稿