2016年3月2日水曜日

〔翻訳〕自由の逆説

歴史家、ラルフ・レイコ(Ralph Raico)への2016年のインタビュー記事「民主主義は兵器となった」(Democracy Has Been Weaponized)より。

<解説>
自由の逆説というものがある。自由な国ほど経済的に豊かになるため、税収で成り立つ政府が強大になり、国内外で自由の侵害をエスカレートさせる傾向があることをいう。かつて英国は国外で植民地政策を展開し、国内で社会主義的な産業政策や福祉政策を推し進め、結果衰退した。現在その轍を踏もうとしているのが米国である。代表的な民主主義国である英米がともに反自由・反平和的な戦争福祉国家(warfare-welfare state)の道を歩んだことは、民主主義が必ずしも自由や平和と両立しないことを物語る。

<抜粋>
大衆民主主義は必ず、対立する勢力の争いに陥る。この争いは腐敗した利己心によって突き動かされ、もろに金銭的であったり、イデオロギー的であったりする。
Mass democracy, as its nineteenth century liberal opponents foretold, inevitably devolves into a contest of contending forces, motivated by corrupt self-interest, either directly financial or ideological.

「民主主義」という概念は兵器となった。それをもたらしたのは、米国政府の地球を股にかけた権力闘争である。
“Democracy” has become a concept weaponized by the US government in its global power struggles.

プーチン露大統領は過ちも多いが、勇気ある内部告発者スノーデンに亡命を認めた。もし米国とその言いなりになる欧州諸国の思いどおりになっていたら、スノーデンは拷問され、おそらく独房で首を吊った姿で発見されただろう。
Vladimir Putin, for all his faults, has assisted the cause of peace and freedom on a number of fronts. Let’s not forget that he granted asylum to the heroic whistleblower Edward Snowden, who, if the US and its European lapdogs had had their way, would have been condemned to torture and probably found hanged in his cell.

米国民の大多数は、外交問題に関心も知識もほとんどない。だから外交にきわめて明確な関心があり、どうすれば得になるかをよく知っている人々が、物事を動かすことになる。
The great majority of Americans have little interest in and virtually no knowledge of foreign affairs. So, again, control falls into the hands of those who have a very definite interest and know exactly what they want.

二大核保有国である米露の間で核戦争が起こっていない一番の理由は、秩序ある社会の完全な終わりを意味するからだろう。…しかし、もしイスラエルが「サムソンの選択」(核攻撃)の実行を決断した場合、結果は不透明できわめて厄介だ。
It seems to me, though, that the basic reason is that such a war, between two nuclear-armed nations, would mean the end of all ordered society...What would happen if Israel ever decides to exercise the Samson Option, however, is unclear but very troubling.

原文:https://mises.org/library/democracy-has-been-weaponized

0 件のコメント:

コメントを投稿