2018年6月25日月曜日

インフレは国を滅ぼす

ローマ帝国の衰退が訪れたのは3〜4世紀、皇帝が通貨の品質を引き下げてから。物価統制と相まって食品の生産・販売を麻痺させた。政府が物価に上限を課そうとしたため食品の取引は消滅。人々は飢えを逃れようと都会を脱して田舎に移り、穀物や油、ワインを自作しようとした。

How Mises Explained the Fall of Rome - Foundation for Economic Education

0 件のコメント:

コメントを投稿