2018年6月2日土曜日

官製値上げの結末

ビール官製値上げ1年。中小酒販店の保護を大義名分に掲げたものの、消費者のビール離れが加速。政府の市場介入が招いた典型的な悲喜劇。同じ政府が行う官製賃上げも本質は同じだと理解している人はどれだけいるでしょうか。酒も労働も値段を無理に上げれば需要はしぼみます。

誰も得しなかった ビール官製値上げ1年の無力感:日本経済新聞

0 件のコメント:

コメントを投稿